BUN-SHIN

祝・井の頭公園開園100周年

●A4規格 
●168頁 
●2,800円+税

井の頭公園ファン必携の一冊! !

井の頭公園の100年の歩みを、公的な資料のみだけでなく、個人所蔵の写真も丹念に収集してまとめた、資料的にも貴重な写真集です。 この100年間、その時代時代の公園と公園に集う人々の姿が、生き生きと今に蘇ります。

井の頭池やその周辺の歴史をさかのぼると、武蔵野台地における豊かな湧水池として、古来より人々の命とくらしを支えてきた場所であることが分かります。江戸時代に入ると、江戸市中の飲料水となった神田上水の水源となり、江戸っ子たちの信仰や観光の対象となりました。
そして、明治の終わりに公園構想が持ち上がり、渋沢栄一などの各界の重鎮の奔走によって、1917(大正6)年5月1日、日本で初めての郊外公園「井の頭恩賜公園」が誕生しました。 その後、公園の姿は、大正、昭和、平成とその時代の求めに応えながら変遷を辿ってきました。

本書は、その歴史100年の歴史を豊富な写真によって紹介しています。
開園間もないころの鬱蒼とした湧水池としての姿、都心の子どもたちの遠足の場となった大正期の姿、遊覧ボートや天然水プールが賑わう、昭和初期の都市中間層の憩いの場としての姿。 さらには、幻の1940年オリンピックの選手村になっていたかもしれないという記事や戦中戦後の公園の森の大きな変化も収録しています。
そして、戦後から現在にわたる変遷は、現在公園に集う子どもたちに、パパママ世代や祖父母世代が自分たちの時代の公園の思い出を語り聞かせるのに最適です。

井の頭公園ファンや周辺で生まれ育った方々はもちろんのこと、日本の公園史、都市生活史に関心のある方にとっても、必携の写真集です。

☆ぶんしん出版 イチオシコメント☆

少年時代に三鷹に移り住み、環境の変化に戸惑う中で井の頭公園の美しさに出会い、半世紀もの間、公園を心の拠りどころとして愛してきた編集者(=弊社社長)が、2年間余の時間を費やした渾身の一冊です。ぜひご覧ください。

●四六判変形(天地172mm×左右115mm) 
●オールカラー 
●256頁 
●1,600円+税

こんなに生きものが
いるなんて!

2005年以来、12年にわたって井の頭公園で自然観察会を続けているフォトグラファー・高野丈氏による生きもの図鑑。 鳥類や昆虫、野草、粘菌に至るまで、井の頭公園で観察することのできる生きものから、200種余りを収録しました。 公園散策のお供に、あるいは、お子さんの「あの鳥の名前は?」「この蝶々の名前は?」に答える参考書として、ぜひお手元に。

本書は、井の頭恩賜公園で観察できる生きもの200種余りを、その見頃の季節ごとに美しい写真で紹介した図鑑です。 哺乳類や鳥類、昆虫、植物から変形菌まで、幅広い種類の生きものを掲載しています。 また、たんなる解説にとどまらず、セミの羽化観察や変形菌の見つけ方など、季節ならではの観察ポイントや自然観察入門など、公園での観察に役立つ情報も満載です! 井の頭公園以外でも観察できる生きものも多く、他のフィールドでもご活用いただけます。

☆ぶんしん出版 イチオシコメント☆

バードウォッチングや自然観察会を趣味にされている方はもちろんのこと、ぜひご購入をオススメしたいのが、小さなお子さんをお持ちの保護者の方。 お子さんとの普段の何気ないお散歩も、この一冊があれば、よりいっそう豊かな時間となること間違いありません♪ 10年後20年度、お子さんが研究者になるきっかけがこの一冊だった、なんてことも?!

井の頭公園 * まるごとガイドブック●1,400円+税

開園100周年の 井の頭公園を再発見しませんか?

大正時代に開園した「井の頭恩賜公園」は、2017(平成29)年に100周年を迎えます。 現在、公園はぐるりと住宅街に囲まれ、北側の一部は吉祥寺のにぎやかな街に隣接しています。航空写真で見ると、公園だけが緑の孤島のようになっていて、都市空間にわずかに残された貴重な自然であることが分かります。池があり、川があり、緑があり、桜の名所でもあり、まさに「都会のオアシス」として人気のあるこの公園を、百周年を間近に控えた今、あらためて見つめ直してみたい。そんな思いを出発点に、このガイドブックは作られました。制作にあたっては、地域の方々、東京都西部公園緑地事務所や井の頭自然文化園の職員の方々など、たくさんの人から教えをいただき、そのエッセンスをたっぷり盛り込みました。また、できるだけ多くの写真や図版を掲載し、公園の「今」と「昔」にさまざまな角度からアプローチできるように構成しました。公園の魅力を発見・再発見する手がかりとして、あるいは、身近な地域の自然と未来を考えるきっかけとして活用していただけたら、とてもうれしく思います。

いのけん-井の頭公園検定公式問題解説集-●1,000円+税

楽しみながら井の頭恩賜公園の魅力を知る入門書。
『いのけん』しない人にもお薦めします。

2017年に100歳になる井の頭恩賜公園。 子どもたちの歓声、アスリートたちの息遣い、カップルの語らい、高齢者のゆったりした足取り、あらゆる世代の人たちを受け入れてくれる懐の深い公園です。 大人たちは公園で心や体をリフレッシュ、子どもたちは初めて出会う動物や鳥たちに眼を輝かせます。私たちは公園から多くの恩恵を受けているのです。

『いのけん』は『井の頭公園検定』のための問題解説集ですが、子どもたちにとっては図鑑のような、大人にとってはガイドブックのような、楽しんで学べる内容になっています。 わかるともっと公園が好きになり、大切にしようと思ってほしいとの希望をこめて作成しました。

公園を取り巻く環境は決して楽観できるものではありません。『いのけん』が、公園の今後を考えるきっかけとなったら、うれしいです。
200年後も300年後も多くの人たちに誕生日を祝ってもらえるような公園でありますように。

【参考】いのけん 公式WEBサイト

https://www.ino-ken.com/
※2017年度が最後の開催になります!

書籍購入お申込みフォーム

*お申し込みいただいた翌営業日の発送となります(送料無料)
*お支払は、商品に同封の郵便振替用紙または銀行振込にてお願いいたします(手数料はご負担ください)
*カード決済、休日の発送をご希望の場合は、amazon.co.jpをご利用ください
特定商取引法に基づく表記
*お預かりした個人情報は、弊社プライバシーポリシーに基づき、厳正に管理いたします

必須
必須
必須
任意
任意
必須
必須
任意 井の頭公園100年写真集3,024円(税込) 
井の頭公園いきもの図鑑1,728円(税込) 
いのけん1,080円(税込) 
井の頭公園 * まるごとガイドブック1,512円(税込) 
任意
任意 よろしければ新刊や新サービスのリリース情報等、株式会社文伸からのお知らせをお送りさせていただきます。(不定期)
ご不要の方はチェックを入れてください。

【お問い合わせ先】

株式会社文伸 出版事業部(ぶんしん出版)
〒181-0012 東京都三鷹市上連雀1-12-17
TEL 0422-60-2211  FAX 0422-60-2200
(営業時間 平日9:00-17:40)

【特定商取引法に関する表示】

販売業者 株式会社文伸
運営統括責任者 川井信良
所在地 〒181-0012 東京都三鷹市上連雀1-12-17
電話番号 0422-60-2211(担当:宮川)
受付時間 平日9:00~17:40
FAX番号 0422-60-2200
メールアドレス hon@bun-shin.co.jp
コーポ―レートサイトURL http://www.bun-shin.co.jp/
販売価格 商品ごとに消費税(8%)込の価格を記載記載
商品代金以外の必要料金 消費税。郵便振替または銀行振込の手数料はご負担ください
送料 無料
お支払い方法 郵便振替 または 銀行振込
返品・交換・キャンセル等 商品発送後の返品・返却等はお受け致しかねます。商品が不良の場合のみ良品と交換致します。
返品期限 商品出荷より7日以内にご連絡ください
 ※商品不良の場合は、予めご連絡ください
お支払期限 商品到着後7日以内
返品期限 商品到着日より7日以内でお願いいたします。
返品送料 不良品交換、誤品配送交換は弊社にて負担いたします。ほかはお客様負担とさせていただきます。
販売対象地域 日本国内

トップへ