株式会社文伸/ぶんしん出版

「人に伝える・人とつながる」をお手伝い

講座・イベントのご報告

好評のうちに終了♪ 出版記念イベント「夏休み!プロに学ぶ楽しい囲碁」

8月4日(日)、絵本『いごってなあに?』の出版記念イベントとして、「夏休み!プロに学ぶ楽しい囲碁講座-考える力を身につけよう!」を開催しました。
会場は、三鷹駅南口の三鷹ネットワーク大学。単に会場をお借りするだけではなく、三鷹ネットワーク大学との共催講座としてイベントを開催するのは、弊社としても初の試みです。

告知開始から開催まで2週間余りという短期間だったにもかかわらず、タウン誌『アサココ』をはじめ、市報や弊社のWEBサイトから情報を得て、40名以上の方々がご参加くださいました。
また、読売新聞さんとJ:COMさんの取材も入り、司会もいささか緊張の面持ち…。

プログラムは、『いごってなあに?』の読み聞かせと囲碁の基本的なルールの解説からスタート。
絵本の作者である小林泉美六段のとてもわかりやすい説明と優しい語り口に、子どもたちがみんな身を乗り出して真剣に聞き入っていたのがとても印象的でした。

説明の後は、ホワイトボードに貼った大きな盤面での、ルール確認のためのクイズ大会。初めての子ばかりなのにもかかわらず、次から次へと手が挙がります。


そして、複数の子どもたちに前に出てきてもらい、子どもたちチームと先生との対局。即席のチームにもかかわらず、前に打った子の手をきちんと踏まえながら、なんとか先生を負かそうとみんな攻めの姿勢で打っていきます。

そして、そんなテンションMaxな状態で、後半の、純碁を使っての保護者の方との対局の時間に突入。
時間いっぱい、何度も何度も親子の攻防戦が繰り広げられ、残念の声と勝利の喜びと、子どもたちの賑やかな声とたくさんの笑顔が会場に満ち満ちていました。

今回、夏休み中ということで、既にキャンプなど予定を入れていた方々から、「参加したかった~」とのお声を多く頂戴しました。次回のイベントはまだ未定ですが、今後も定期的に囲碁の魅力に触れていただける企画をご提供していきたいと思います。

ご参加くださいました皆さま、本イベントに興味を持ってくださった皆さま、PRにお力添えくださった皆さま、共催の三鷹ネットワーク大学推進機構さま、そして小林先生をはじめ講師の先生方、誠にありがとうございました!!

Top