株式会社文伸/ぶんしん出版

「人に伝える・人とつながる」をお手伝い

新刊情報

[新刊情報]『人生100年時代の地域ケアシステム―三鷹市の地域ケア実践の検証を通して』

―超高齢化社会に向き合う市民、行政担当者、医療・福祉関係者、事業者など、これからのまちづくりに携わるすべての人の必携書!―

【2025年問題の先に未来を拓く三鷹市の挑戦】

市民参加度・行政革新度 全国No.1自治体・三鷹市。
50年かけて耕されてきた地域コミュニティの「参加と協働」の土壌のもとで、どのような地域ケアシステムが育まれているのか?
実践の検証を通して人生100 年時代の新たな可能性を探る!

このたび、ぶんしん出版では、特定非営利活動法人三鷹ネットワーク大学推進機構の発行による書籍『人生100年時代の 地域ケアシステム―三鷹市の地域ケア実践の 検証を通して』を発売しました。

【三鷹ネットワーク大学・プレスリリースより】

三鷹市及び20の教育・研究機関を正会員とし、民学産公の協働による新しい形の「地域の大学」をめざす三鷹ネットワーク大学推進機構(理事長・鈴木典比古[国際教養大学 学長])では、初の出版事業として、『人生100年時代の地域ケアシステム―三鷹市の地域ケア実践の検証を通して―』を発行いたしました。

これは、弊団体の前理事長である清成忠男氏(法政大学元総長)の篤志によって実現したものです。研究者および専門家、地域ケアの実践者で構成された編集委員会(委員長・市川一宏[ルーテル学院大学 学長])のもと、三鷹市や会員大学の全面的な協力を得て、編集が行われました。

先進自治体のトップランナーとして、50年にわたって耕されてきた三鷹市のコミュニティ行政の土壌。その中で、地域包括ケアシステムの三鷹モデルともいうべき諸施策がどのように育まれ、機能しているのかを、「参加と協働」を基盤とした市民や地域団体の自主的な取り組みにも焦点を当てながら、丁寧に紐解いています。

2025年問題、その先の2040年問題に向けて対応に追われる全国の行政担当者、医療・福祉関係者、事業者、そしてこれからの地域コミュニティのあり方を模索する市民一人ひとりにとって、価値のある一冊となっています。

 

本書の編集にあたっては、弊社も編集委員会及び事務局のお手伝いをさせいただいてきました。

地域医療や福祉など、三鷹の地域づくりに携わる各分野の研究者の論考に加えて、超高齢化社会の最前線を支える、市内各エリアで活躍する市民・地域活動団体の取り組みが丁寧にまとめられています。
三鷹という地域の特色と具体的取り組みについて理解できる書籍として、市内や近隣だけではなく、人生100年時代のまちづくりに取り組む全国の関係者にとって、参考となる要素が詰まった、オススメの一冊です。

下記の弊社販売サイト、Amazon.co.jpのほか、お取り扱いのない一般書店でも取り寄せが可能です。

発行・仕様
  • 監  修 清成忠男(法政大学 元総長)
  • 編集代表 市川一宏(ルーテル学院大学 学長)
  • 発行:NPO 法人三鷹ネットワーク大学推進機構
  • 発売:ぶんしん出版
  • 仕様:A5 判 260 頁
  • 価格:本体1,500 円+税(ISBN978-4-89390-151-4)
発刊のことば

「一人ひとりの思いと日頃の実践をまとめ、三鷹市の協働の歩みを検証しました。全国各地の地域ケアを進めようとする人へのヒントがたくさん詰まっています。」

  • 編集代表 市川 一宏
    • ルーテル学院大学 学長
    • 東京都 共助社会づくりを進めるための検討会 委員長
    • 全国ボランティア市民活動振興センター 運営委員長

「現在、日本は未曽有の超高齢社会を迎え、世界のどの国も経験したことのない社会的状況に突入して地域包括ケアシステムに突破口を見出そうとしています。(中略)本書が、超高齢社会の地域課題の克服に取り組む皆様に役立ち、これからの豊かで安心できる共生型社会の実現に少しでも貢献することを願っております。」
(本書「はじめに」より)

  • 鈴木 典比古
    • 国際教養大学 学長
    • 特定非営利活動法人三鷹ネットワーク大学推進機構 理事長
目 次
  • はじめに
      • 三鷹ネットワーク大学推進機構 理事長 鈴木 典比古
  • 序 章 三鷹市における地域ケアの現状と未来への展望
      • 編集代表 ルーテル学院大学 学長 市川 一宏
  • 第1部 安心して生涯をおくることができる地域づくり
    • 第1章 三鷹市における地域ケアシステム構築の現状と課題
      • ルーテル学院大学 学長 市川 一宏
    • 第2章 地域包括支援システム推進のための体制づくり
      • ルーテル学院大学 名誉教授 和田 敏明
    • 第3章 地域医療(在宅医療・介護・福祉の連携)
      • 三鷹市健康福祉審議会 会長 医師 角田 徹
    • [コラム]専門職連携の現状と課題 三鷹市歯科医師会/三鷹市薬剤師会/三鷹市介護保険事業者連絡協議会
    • 第4章 認知症になっても安心して暮らせるまちづくり
      • 杏林大学医学部 教授 神﨑 恒一
    • 〔事例〕認知症支援の現在 権利擁護センターみたか/みたか・認知症家族支援の会
    • 第5章 地域における高齢者の住環境整備の課題と展望
      • 東洋大学ライフデザイン学部 教授 山本 美香
    • 〔事例〕「市民による新しい「住」のかたち」 HumanLoop・人の輪/ナースさくまの家
  • 第2部 互いに助け合う地域ケアの創造
    • 第1章 コミュニティの形成と地域福祉
      • 国際基督教大学教養学部 教授 西尾 隆
    • 第2章 市民の参加と協働による地域ケアネットワークの取り組み
      • ルーテル学院大学 名誉教授 和田 敏明
    • 第3章 町会・自治会の現状と新たな挑戦
      • 法政大学法学部 教授 名和田 是彦
    • 〔事例〕井の頭一丁目町会「 みんなのブックカフェ」を起点に多彩なアイデアを実現
    • 第4章 孤立予防と居場所づくりに向けた共助の取り組み
      • 社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部長 秋貞 由美子
    • 〔事例〕ぬくぬくカフェ鷹野/おむすびハウス/くまちゃんハウス/食DE絆
    • 第5章 健康寿命の延長と地域スポーツの取り組み
      • 日本女子体育大学体育学部 教授 沢井 史穂
    • [レポート]杏林・老人クラブ・社協・市の連携プロジェクト
      • 杏林大学整形外科学教室 稲永 紗季/長谷川 雅一/市村 正一
    • [コラム]介護予防活動立ち上げ支援事業
  • 第3部 人生100年時代の人づくり・地域づくり
    • 第1章 地域における支え合いと人財育成
      • 首都大学東京人文社会学部 准教授 室田 信一
    • 〔事例〕鷹南倶楽部 「おとなの部活」で 地域を楽しむ・人をつなぐ
    • 第2章 社会参加・ボランティア・まちづくり
      • 東海大学健康学部 教授 妻鹿 ふみ子
    • 第3章 人生100 年時代の学習への期待
      • 日本女子大学人間社会学部 教授 田中 雅文
    • 〔事例〕「みんなのみたか」と「大沢の里」に集う市民グループ 多世代交流にエコミュージアム活動にシニア世代の知恵と力の多彩な輝き
    • 第4章 起業・コミュニティビジネス・就労
      • SOHO CITY みたか推進協議会 会長 前田 隆正
    • 〔事例〕コミュニティビジネスと働き方の現在 NPO法人グレースケア機構/ NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹/三鷹市シルバー人材センター
    • 第5章 超高齢社会に向けた民学産公の協働の取り組み
      • 三鷹ネットワーク大学推進機構 理事長/国際教養大学 学長 鈴木 典比古
    • 〔事例〕(株)カナミックネットワーク 地域ケアの現場におけるICT 活用の現在と未来
    • [コラム]超高齢化社会と新テクノロジー
      • NTT研究企画部門プロデュース担当(医療健康ICT)担当部長 林 勝義
  • インタビュー 清原慶子 前三鷹市長 「地域ケアネットワーク創設への想いを語る」
  • 特別対談 清成忠男 前理事長× 市川一宏 編集代表 「地域ケアの過去、現在、将来を考える」
  • 執筆者・協力者一覧
  • 編集後記

Top