株式会社文伸/ぶんしん出版

「人に伝える・人とつながる」をお手伝い

いのきちさん 過去記事

【井の頭自然文化園の動物たちと飼育員 第5回】 ニホンリスと髙松美香子さん操るトチの実の魔力

「いのきちさん」過去記事紹介(いのきちさん24号 2017年9月1日発行 掲載)
―2011年11月から2017年11月にかけて刊行された、井の頭恩賜公園100周年カウントダウン新聞「いのきちさん」。ご愛読くださっていた方々の声にお応えし、掲載当時の記事ご紹介していきます―

夢中でえさをかじっていると思えば、追いかけっこするように駆け抜ける。そんなニホンリスの素のままの姿が見られる「リスの小径」は、井の頭自然文化園の人気のスポットです。いつもは活発なリスたちも、夏の盛りは様子が違います。枝に抱きついて、ともすると落ちかかったり、地べたにうつぶせになったり。「暑い時期はだらっとしていて、いつも以上に“まぬけ感”があります」と飼育員の高松美香子さん。

えさを隠すという習性でも、ときおり“まぬけ感”が現れるのだとか。「隠したえさを他のリスに盗られることもあるんです。ふかし芋をえさにしたときは、隠そうとして巣箱の隙間に塗り付けてしまって。土壁を塗る左官屋さんになったのかと思いました」と大笑い。

ニホンリスは本州や四国に生息し、武蔵野でも数十年前までは見られました。シマリスのようなほお袋を持たず、すっきりした顔立ちです。繁殖期は1 月から8 月と長く、1 年に2 回出産するメスもいます。

大好物はもちろんクルミ。でも意外と雑食で、野菜やドッグフードも食べます。子育て中のお母さんは、煮干しや殻付きゆで卵をせっせと食べて、カルシウムを補給。成長期の子どもたちは、動物性たんぱく質を好んで食べます。

小田原 澪 編集者・ライター
フィールドは多摩。三鷹市在住。

本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
(いのきちさん24号 2017年9月1日発行 掲載)

Top