株式会社文伸/ぶんしん出版

「人に伝える・人とつながる」をお手伝い

今月のはな子

【今月のはな子 第18回】はな子の夏対策ー今年は桃缶ー

毎年夏がやって来ると、飼育担当者は暑さ対策に頭を悩ませます。エアコンの温度をこまめに設定したり、放飼前にシャッターを開けて外気温との差を縮めたりと細かく気を使ってはな子の健康管理に努めます。それでも猛暑時にははな子の食欲が落ち気味になるので、少しでも栄養があって、しかも彼女の嗜好にあった季節のものを工夫しなければなりません。

今年の春先から好んで食べていたヤマイモにも飽きてきたのか、残すようになったため、栄養的にはあまり期待はできないのですが、夏の初めにナスに切り替えました。最初は珍しいせいもあって良く食べていたナスも、しばらくしたら残すようになりました。そこで、色々と試したところ、桃の缶詰が好きな事を発見しました。1日に10缶、重さで2.5㎏ぐらいの甘い桃をつるつると喜んで食べています。

では桃が漬かっていたシロップも好むかと思い、湯に溶かして与えてみましたがこちらは嫌ってそっぽを向いてしまいました。本当にはな子の好みを把握するのは難しいと改めて感じた次第です。

現在(2014年8月20日)、はな子は毎日スイカ2玉と桃缶、そして主食のバナナと果物三昧のメニューで暑い夏を乗り切るように頑張っていますので、是非皆さんも応援してくださいね。 

山本藤生 飼育展示係係長

本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
(いのきちさん18号 2014年9月1日発行 掲載)

Top